暗幕のゲルニカを読んだらワンピースのセリフが出てきた

6月 16, 2022 小説

原田マハの暗幕のゲルニカを読んだ。

https://www.shinchosha.co.jp/book/331752/  ←新潮社HP

原田マハはたゆたえども沈まず、を読んでから楽園のカンヴァスを読んでこれが3つ目だ。

実は絵を描くのが好きだったことやなんとなく自分が芸術はだであるという勘違いもあって原田マハにはかなりツボをつかれている。

歴史にフィクションを載せてめちゃおもエンターテイメントだった。

ピカソが描いたゲルニカを題材に、ピカソがまさにゲルニカを描いた時代を背景にして9.11で夫を亡くしたキュレーターである主人公がピカソの戦争展を成功させたいと思っている話。

キュレーターって原田マハの小説で覚えた職業。

ゲルニカが第二次世界大戦あたりのファシストによる民間人虐殺に対する作品ではなく、人類の戦争及び虐殺に対する作品であるという設定のもと、主人公が亡き夫の為に、平和の為に気合を入れるという話。

受け継がれる意志、時代の流れ、人の夢、それらは止めることができない、人々が自由という答えを求める限りそれらは決して止まることはできないのだ!

うろ覚えだがワンピースのセリフ。海賊王ゴールド・ロジャーのセリフだった気がします。今ではゴール・D・ロジャーっていうの?終盤にかけてこのセリフが本当にリフレインでした。

時代を行き来したストーリー展開もあってまさにこれだなと思いました。

ワンピースで個人的に好きなセリフは「一番自由なやつが海賊王だ」です。僕も海賊王を目指しています。

最近の日常をツイートしたりブログに書いたりしているけど、この本はツイートするかブログにするか悩んだけど140字には収まらない熱があった。

熱い。

正確には暗幕のゲルニカを読み終えたら海賊王の言葉が胸に刻まれていたことに気がついた。

投稿者: chanman

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。